ビットフライヤーの取り扱いコインの種類は?

 

今後は増えてくるの?

 

そもそも、どんな種類の仮想通貨を扱っているのか?

 

等々とっても気になりますよね。

 

今回はこの辺についてお届けします。

 

 

 

ビットフライヤーはビットコイン以外も取り扱ってるの?

 

 

近頃、ビットコインがにぎやかですよね!

 

上がったり下がったり、お祭りですね。

 

そんなビットコインが購入できるのがビットフライヤー【bitFlyer】です。

 

 

しかし、ビットコインは2017年年末の爆上げから一転、

 

2018年は暴落から始まってますよね。。

 

 

こういうのを見ると、ビットコインって怖いし、もう旨味がないのでは。。

 

って思っちゃいますよね。

 

でも見方を変えると、再び購入のチャンスがやってきた!

 

とも見えます。

 

 

でもでも、やっぱり怖い。。

 

だけど、仮想通貨祭りの旨味は味わいた!

 

さてどうするか。。。

 

 

こういう局面はビットコイン以外の仮想通貨に投資する!

 

という戦略もいいのではないでしょうか?

 

 

ビットコインで有名なビットフライヤーでは、

 

他の仮想通貨も取り扱いされています!

 

 

 

ビットフライヤーの取り扱いコインの種類は?

 

ビットフライヤーにログインし左側の項目(青枠部)の

 

「アルトコイン販売所」というのがあります。

 

アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨をまるめて表現された物です。

 

 

これをクリックすると、ビットフライヤーで購入できる、

 

ビットコイン以外の仮想通貨が出てきます。

 

 

ビットフライヤーで扱っているコインの種類は以下です。(2018年1月時点)

 

新規アルトコインが上場したら、ここに追加されるでしょう!

 

 

・ビットコイン

 

・イーサ(イーサリアム)

 

・イーサ(イーサリアム・クラシック)

 

・ライトコイン

 

・ビットコイン・キャッシュ

 

・モナコイン

 

 

 

仮想通貨ってビットコインだけかと思ってしまいがちですが、

 

ビットコイン以外にもたくさん種類があります。

 

つまり、まだまだお宝が眠っている可能性があります。

 

 

ビットコインのうまみは、もうない。。と感じる場合は、

 

第2のビットコインを物色するのもいいですね!

 

 

各仮想通貨の素性を血眼になってチェックするのも大事ですが、

 

物色する場合は、ビットコインと連動性が薄い動きをしている物を

 

探してみるのが、いいかもしれないですね。

 

 

ビットコインは暴落時に少額資金で少しづつ仕込みながら、

 

ビットコインの暴落に連動しない、仮想通貨にも分散投資をすると、

 

まともなポートフォリオを組めそうですね!

 

 

 

ビットフライヤーの取り扱いコインは今後増える?

現状、ビットフライヤーはビットコインメインというイメージが強いです。

 

他の仮想通貨もどんどん、ざわついてくると思われますので、

 

もっと扱い増やせ!という声も増えてくるでしょう。

 

そのニーズに対応していくと思います。

 

つまり、増えてくるでしょう。

 

各社の競争もどんどん激しくなっていきそうですね。

 

 

 

仮想通貨祭りにチャレンジしたい!

 

だけど初心者だし。。具体的に何をすればいいのやら。。

 

そんな時はこちらも参考にしてくださいね。

 

↓  ↓  ↓

 

ビットフライヤーの始め方☆口座開設や登録のやり方は初心者でも簡単

 

 

 

まとめ

今回はビットフライヤーの取り扱いコインについてお届けしました。

 

ビットコインざわつきMAX状態を横目に、

 

第二のビットコインを物色するのもいいのではないでしょうか?

 

 

分散投資することで、リスク分散できますね。

 

専門家の各仮想通貨の素性云々を聞いて必死に調べるのもいいですが、

 

ビットコインのチャートと突き合わせて、ビットコインと連動性の薄い物に

 

分散投資すれば、ビットコインの暴落で全滅。。。

 

という状態から回避できそうですね。

 

 

くれぐれも、ビットコイン一点張り!

 

有り金全部全力投球というスタイルは、

 

避けた方がいいと思います。