SBIでの仮想通貨の取り扱い銘柄はどれなの?

 

今後も上場ふえていくの?

 

等々とっても気になりますよね。

 

今回はこの辺についてお届けします。

 

 

SBIが仮想通貨をやるの?

 

仮装通貨の取引所であるコインチェックがネム流出事件を起こしたことで、

 

改めて仮想通貨取引での取引所の選択は重要だと

 

痛感した人も多いのではないでしょうか?

 

 

現金を扱う銀行や、株式を扱う証券会社と比べても、

 

まだまだ歴史の浅い仮想通貨なだけに、取引所もまだ未熟なところがあることも事実、

 

どこでも変わらないという考え方は改める必要があるのかもしれません。

 

 

現在も、bitFlyer、DMMコイン、Zaifyと言った仮想通貨取引所が人気で、

 

例えばZaifでは独自のセキュリティシステムであるトークンを導入するなど、

 

違いを見せています。

 

 

このなかに、割って入ってきそうな取引所が、

 

SBIバーチャル・カレンシーズです。

 

 

 

SBIバーチャル・カレンシーズの取引銘柄は?

SBIバーチャル・カレンシーズとは、その名の通り、

 

SBI証券などSBIグループが営む仮想通貨取引所で、

 

既に金融庁の仮想通貨交換業者の登録も済んでいます。

 

なお、優先口座開設は始まっていますが、

 

一般口座開設や取引自体はもう間もなくとなっているようです。

 

 

このSBIバーチャル・カレンシーズで取引を行う

 

仮想通貨の銘柄はどれになるのでしょうか?

 

そもそも仮想通貨と言っても、もちろんながら1種類ではありません。

 

様々な企業の株があるのを株式と一言で呼んでいるようなものなので、

 

仮想通貨にも有名なビットコインを始め、その他コインは1000以上あるのです。

 

そのなかから取引所が銘柄を選定するわけです。

 

 

 

なお、SBIバーチャル・カレンシーズが扱う仮想通貨は、

 

いろいろ情報ありますが、残念ながら確定情報はまだ見当たらないです。。

 

 

金融庁の以下サイトで

 

仮想通貨交換業者登録一覧

 

確認できるのは、SBIが取り扱う銘柄で確実なのはビットコインです!

 

 

その他、あちこちで情報をみていると以下の通貨が可能性高いようです。

 

 

・ビットコイン(BTC)、

 

・ビットコインキャッシュ(BCH)、

 

・リップル(XRP)

 

・イーサリアム(ETH)

 

 

辺りになりそうです。

 

 

 

正直、4種類では少ない気もしますが、確実に安全な取引を行うと言う意味では、

 

初めはこれくらいに銘柄を絞ったのが正解かもしれません。

 

 

以下の動画でSBI社長、北尾氏の発言がSBIの考え方が示してます。

 

 

1時間23分25秒あたりから具体的な銘柄上げてますので、

 

チェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

SBIでの今後の仮想通貨の取り扱い・上場はふえていく?

 

 

今後。SBIバーチャル・カレンシーズで扱う仮想通貨の銘柄は

 

増える予定はあるのでしょうか?

 

 

公式発表はされていないものの、Litecoin(ライトコイン)といった

 

仮想通貨も既に金融庁のホワイトリスト扱いされた仮想通貨ですので、

 

SBIバーチャル・カレンシーズが取り扱いしていくかもしれないですね。

 

 

また、コインチェックの流出騒動で、

 

ネガティブなイメージがついてしまったネム(NEM)は

 

ホワイトリスト扱いされておりますが。。北尾氏は眉唾扱いしています。。

 

 

現状では、金融庁からホワイトリスト扱いされている仮想通貨は、

 

まだまだ少ないですが、今後、世の中の流れに合わせて増えていくと思われます。

 

SBIバーチャル・カレンシーズで扱う銘柄も比例して増えていくことでしょう。

 

 

 

ただし、SBIの冠をつけた取引所ですので、

 

銘柄の選択は、かなり慎重にやると思われます。

 

 

なので、SBIで取り扱う銘柄は、安定面は期待してもいいかもしれないですね。

 

しかし、そうなると、逆に安定してるけど、伸びしろが少ない。

 

というジレンマも出てくるかもしれないですね。

 

 

 

SBIバーチャル・カレンシーズの稼働を待ってられない。。

 

仮想通貨投資早くはじめたい!

 

でも、具体的に何をすればいいのやら。。

 

そんな時はこちらも参考にしてくださいね。

 

↓   ↓   ↓

 

ビットフライヤーの始め方☆口座開設や登録のやり方は初心者でも簡単

 

 

SBIはビットフライヤーの株主でもありますので、かなりの安心感があります!

 

 

 

 

まとめ

今回は、SBIでの仮想通貨の取り扱い銘柄はどれなのかについてお届けしました。

 

 

SBIの冠を付けた取引所ですので、

 

眉唾レベルの高いものは取り扱わないと思われます。

 

 

なので、面白くないと言えば面白くないですが、

 

いつの日かSBIに上場してもらえるようになるかも!

 

というコインを先回りして仕込めたらいいですね。

 

 

そういう意味では、コインチェックの取扱銘柄は種類が多くて

 

よかったのですが、セキュリティーがお粗末だったのが残念でなりません。

 

 

今は、セキュリティー優先で安心感のある口座がいいですね。