NEMの今後2018年予想☆

 

仮想通貨NEMの将来性ってどうなのか?

 

さらにNEMを安全に購入できる取引所はどこなのか??

 

等々気になりますよね。

 

今回はこの辺についてお届けします。

 

 

 

NEM流出問題とは

 

 

取引所コインチェックによる仮想通貨流出事件、

 

ようやく具体的な返金日程なども発表となり、

 

コインチェックを利用していた人にとっては一安心だったのではないでしょうか?

 

 

 

 

でも、改めて国家などの保証が一切ない仮想通貨の恐ろしさを

 

再認識した人も多いはずいです。

 

 

このコインチェックによる流出事件で、

 

一気に有名になった仮想通貨銘柄NEM。

 

 

この事件で初めてNEMの存在を知ったなんて人もいたはずですよね!

 

 

悪いイメージが付きまとってしまったNEMですが、

 

別にNEM自体が悪いわけではないので、

 

今も注目銘柄の一つであることには変わりません。

 

 

 

NEM(仮想通貨)とは

 

そもそもNEMとはどんな仮想通貨銘柄なのでしょうか?

 

分かりやすくビットコインと比較してみてみましょう。

 

 

最もNEMとビットコインの違いと言えば、主目的の違いではないでしょうか?

 

ビットコインが決済用なのに対して、

 

NEMは開発のためのプラットホーム。

 

例えるならビットコインがLINE PAYだったらNEMはLINEそのものって感じです。

 

 

また、発行上限発行枚数もかなり異なります。

 

ビットコインが2,100万BTCなのに対して、NEMは8,999,999,999XEMと

 

とてつもない数値です。

 

 

また管理者がビットコインにはいないのに対して、

 

NEMは「ネム(NEM)財団」という団体が全面バックアップをしており、

 

あまりイメージ的には良くないですがセキュリティ面では決して

 

悪くない仮想通貨銘柄なのです。

 

 

 

NEMの今後2018年予想!将来性は?

 

果たしてNEMの将来性はどうなのでしょうか?

 

現状では、他の仮想通貨銘柄今年に入ってから下落傾向ではありますが、

 

あまり短絡的にみると落ちつかないので、

 

長い目で見るのがいいのではないでしょうか?

 

 

NEMは2018年直近のピーク時から、コインチェックの件もあり、

 

7分の1程度の価格になってます!

 

これは見ようによってはバーゲンセール状態かも!!!

 

 

ビットコインやイーサリアムなどのある程度安定化してくるであろう

 

仮想通貨銘柄に比べると、一気に伸びる将来性は十分ではないでしょうか?

 

 

一応、コインチェックの保証の目途も立ったので、

 

ここからの下落 < 伸びしろ

 

と考えると

 

今のうちに買っておきたい銘柄の一つと言えるでしょうね。

 

 

ただし、あくまでも余剰資金内で!

 

 

 

 

 

NEMを安全に購入できる取引所はどこ?

 

さて、このNEMが売買可能な国内取引所はどこになるのでしょうか?

 

国内ではZaifとDMMビットコインになります。

 

 

もちろんコインチェックでも、とりあつかってましたが、

 

ちょっと不安ですよね。。

 

 

なので、おすすめはZaif

 

Zaifを運営しているテックビューロは、NEMとの関連性が強いようです。

 

2017年に代表の朝山貴生氏がNEM.io財団の理事に就任してます。

 

つまり、大元のところと言えるので、やはり一番安心、

 

安定しているのは間違いないでしょうからね。

 

 

 

ザイフ(Zaif)の登録はこちらからできます。

⇒ Zaif

 

 

 

 

まとめ

今回は、NEMの今後2018年予想についてお届けしました。

 

ひとまずコインチェックの保証が発表されましたのでやれやれですね。

 

これを機会にNEM自体の切り返しもあるかもしれないですね。

 

しれっと仕込んでおくのもいいかも!