ビットフライヤーの販売所と取引所の違い

 

は何なの?

 

お得に買えるのはどっち?

 

等々気になることだらけですよね。

 

今回は、この辺についてお届けします。

 

 

 

ビットフライヤーの販売所と取引所の違いは?

 

ビットフライヤーで、いざビットコインを購入しようと思ったけど。。

 

購入方法で販売所と取引所がある。

 

さらに、ビットフライヤーライトニング(bitFlyer Lightninng)なるものまで。。

 

どれで購入するのがいいのやら。。

 

初めてだと意味不明ですよね。

 

なので、それぞれの特徴をまとめますので、参考にしてください。

 

 

 

販売所とは

 

これはビットフライヤー(bitFlyer)との、仮想通貨の売買。

 

つまり、ビットフライヤーからビットコインを購入するという形になります。

 

ビットフライヤーの提示価格でよければ即購入できます。

 

ちょっと割高感があります。

 

感覚としては成り行き買いですね。

 

 

 

取引所とは

 

これは、個人との直接、仮想通貨の売買。

 

つまりビットフライヤーから買うのではなく、売りたい個人からの購入です。

 

取引所は、そういう個人売買の場という事ですね。

 

個人売買といってもヤフオクとかメルカリとかのように、

 

めんどくさいやり取りではなく、値段が合えば、

 

取引所内のクリックでカチカチっと売買成立できます。

 

その時の相場と、かけ離れた値段を設定すると買えない場合もあります。

 

感覚としては指値買いです。

 

 

 

 

ビットフライヤーライトニングとは

これは、取引所と同様に個人売買です。

 

取引所での売買とは違ってツールが上級者向けです。

 

注文方法が指値や成り行き他、いろいろできます。

 

 

 

どれがいいの?お得に購入できるのは?

初心者であれば、取引所が一番おすすめです。

 

販売所は、ちょっと割高感があります。

 

以下がほぼ同時刻にキャプチャーした画面です。

 

 

販売所の価格

 

 

取引所の価格

 

 

ビットフライヤーライトニングでの価格

 

3つ並べてみると。

 

販売所

1,342,411

 

取引所

1,301,376

 

ビットフライヤーライトニング

1,290,283

 

 

目まぐるしく変動しますので、キャプチャーしている間に多少動いちゃってますが、

 

販売所が明らかに割高感があります。

 

 

ビットフライヤーライトニングは画面が上級者むけで、

 

ちょっと初心者には取っつきにくいです。

 

 

わかり易く、割安な「取引所」での購入がオススメです。

 

 

 

まとめ

今回は、ビットフライヤーの販売所と取引所の違いについてお届けしました。

 

 

慣れてくれば、ビットフライヤーライトニングでもいいですが、

 

ツールがちょっと本格的で、とっつきにくいです。

 

 

また、チャート、板情報、掲示板がリアルタイムでチカチカ動いてます。

 

大儲けするぞ!と鼻息荒く気合入れすぎると、この画面から

 

離れられなくなっちゃいます。。

 

暴落時の掲示板なんか見てると、血みどろ状態で疲れます。。

 

 

なので、あくまでも、余剰資金少額で、さらに分散投資で、

 

ゆっくり気長にやるのがいいですね。

 

 

 

仮想通貨祭りにチャレンジしたい!

 

でも初心者だし。。具体的にどうすればいいのか。。

 

そもそも、どこで購入できるのやら。。

 

そんな時はこちらも参考にしてくださいね。

 

↓  ↓  ↓

 

ビットフライヤーの始め方☆口座開設や登録のやり方は初心者でも簡単