ビットフライヤーの始め方

 

口座開設や登録のやり方は初心者でも簡単にできるのか?

 

気になりますよね!

 

 

2017年のビットコイン祭りを見ていると、

 

2018年は仮想通貨祭りに乗り遅れたくない!

 

という気持ちになっちゃいますよね。

 

 

でもでも、ビットフライヤーの登録とか難しそう。。

 

と思っちゃいます。。

 

でも、いざやってみると、とっても簡単です。

 

 

今回はビットフライヤーの始め方☆口座開設や登録のやり方についてお届けします。

 

 

 

ビットフライヤー(bitFlyer)とは!初心者でも簡単?

 

ビットフライヤー(bitFlyer)とは、ザックリ言いますと

 

ビットコイン等の仮想通貨の売買、

 

ビットコインを使っての買い物等を行うための口座です。

 

 

ビットコインを始めたいという初心者にはとってもわかり易いですし、

 

テレビCMも始まってますので、安心で取っ掛かり安いですね!

 

 

また、ビットコインの魅力は、株と違って、最小売買単位が小さい!

 

だから、分散投資がやりやすいです!

 

 

最小売買単位は0.001BTC(ビットコイン)なので

 

1BTC(ビットコイン)の価格100万円の場合、

 

1000円からチャレンジできます!

 

 

 

ビットフライヤーの始め方☆口座開設や登録のやり方

ビットフライヤーの始め方☆口座開設や登録のやり方はとっても簡単です。

 

流れは以下です。

 

①ビットフライヤー(bitFlyer)サイトにアクセス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

↓   ↓   ↓

 

②メールアドレスでビットフライヤーのアカウントを作成

(FacebookやYahoo!ID、Googleでも作成可能)

 

↓   ↓   ↓

 

③キーワードと初期パスワードが記載されたメールが送られてくる。

そのメール書かれた手順で、すぐに開設できちゃいます!

 

たったこれだけ!

 

 

これで、ウォレットクラスのアカウント開設ができます。

 

しかし、ウォレットクラスではビットコインを売買出来ないので、

 

トレードクラスにする必要があります。

 

 

 

アカウント☆ウォレットクラスからトレードクラスになるのは!

トレードクラスって聞くと、なんだか大げさで大変そう。。

 

と思っちゃいますが、ちょっとだけめんどくさいだけで、簡単です。

 

 

ウォレットクラスとトレードクラスの違いは?

アカウントクラスの違いは以下です。

 

ザックリ言うとトレードクラスにならないと、

 

ビットコインの売買は出来ないという事です。

 

 

 

トレードクラスになるには!

 

ビットフライヤーにログイン後のホーム画面(上画面)の右下(赤枠部)で

 

アカウント情報が確認できます。

 

 

以下が赤枠部拡大です。

 

 

 

このように赤枠項目の情報を埋めていけばOK

 

つまり以下の情報を提出すればサクッとトレードクラスになれちゃいます!

 

 

本人確認を行う

 

 

■本人情報登録(住所・氏名等を登録フォームに入力するだけ)

 

■本人確認資料提出(免許書等をアップロードするだけ)

 

■取引目的の確認(投資のため等でOK)

 

■銀行口座の登録(本人名義の物)

 

■転送不要の書類郵便の受け取り

(住所確認のために送ってくるので、そのハガキを受け取ればOK)

 

 

 

これで、ビットコインを売ったり買ったりできるようになります!

 

 

 

ここまでできたら、あとは軍資金を注入するだけです!

 

 

 

 

まとめ

今回はビットフライヤーの始め方についてお届けしました。

 

 

 

投資を始めるために口座アカウントをつくる!

 

とか聞くと、なんだかとっても敷居が高く感じて、なかなか踏み出せない。。

 

 

という場合もあるかと思いますが、ゲームのアカウントやネットショッピングの

 

会員登録をする程度のレベルで、いざやってみると拍子抜けするほど簡単です!

 

 

仮想通貨祭りに乗り遅れたくない!

 

という場合は、取っつきやすいビットフライヤーから、

 

始めてみてはいかがでしょうか?